東急ストアについて 01:お客様にとっての地域一番店に

お客様に「笑顔」と「幸せ」をお届けする企業

東急ストアは、首都圏を拠点とした「街づくり」を中心に交通、不動産、生活サービス等の幅広い分野で事業を展開する「東急グループ」の一員です。1956年、東急グループの創始者である五島慶太により、東急グループが切り拓いてきた東急線沿線の街を、商業施設によって活性化するという目的で設立されました。以来、東急グループの生活サービス事業の中核として、東急線沿線を中心にスーパーマーケットを展開することで、お客様の食生活を支え「利便性」や「快適性」を提供してまいりました。

現在、店舗としては、主力業態である食品スーパーマーケットの『東急ストア』をはじめ、「ハイクオリティー&ハイサービス」をテーマに健康・品質・味にこだわった「食の専門館」の『プレッセ』、利便性にこだわった小型スーパーマーケットの『フードステーション』、ショッピングスクエアの『フレル』の4業態があり、東京・神奈川を中心に展開しています。この他、東急ベルとの連携により、ネットスーパー事業も展開しています。

お客様・従業員にとっての地域一番店に

私たちが目指しているのは、「お客様・従業員にとっての地域一番店」です。目指す姿は、「東急ストアがこの街にあってよかった」とお客様に思っていただき、「東急ストアで働いていてよかった」と従業員に思っていただくことです。

そのため、お客様に対しては、お客様の笑顔のために、地域で一番お客様のことを知り、お客様の要望に最大限応えている店を目指します。東急線沿線など、地域に密着してお客様と向き合い、長い間に培われた“東急ブランド”の信頼をベースに、さらなるお客様のご満足と喜びを追求しています。

また、お客様の笑顔は、従業員の笑顔から生まれると考えています。従業員が働く喜びを感じ、生き生きと働いている、そんな会社を目指しています。

PAGE TOP